【情熱大陸】徳永克彦(戦闘機カメラマン)のwiki的プロフィール。ブログや写真集、使用するカメラや機材とは?

世界に数人しかいないと言われている

戦闘機を主体として撮影する仕事である

戦闘機カメラマン。

その希少な職業の中でも

撮影する作品が「神業」と称されるのが

徳永克彦さんです。

そんな徳永克彦さんが、

2018年7月15日(日曜日)23:25〜放送開始の

密着型ドキュメンタリー番組である

「情熱大陸」で登場します。

今回は、この徳永克彦さんについて

プロフィールや経歴、写真集などの情報を

まとめてみました!

徳永克彦のwiki的プロフィール

・生年月日 1957年1月13日

・年齢   60歳(2018年7月現在)

・出身   東京都

・職業   写真家、日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員

徳永克彦の経歴

徳永克彦さんが写真家という職業に就いたのは

中学生の頃、飛行機の魅力にハマったことが

きっかけだそうな。

それから数年後の1978年に

アメリカ空軍のロッキード社製T-33Aジェット練習機に

当時21歳にて初搭乗しました。

T-33Aジェット練習機↓

「アメリカ空軍のロッキードT-33Aジェット練習機」の画像検索結果

別名ジェットスターとも呼ばれているそうです!

シルバーな光沢と細長いフォルム、、、

その名の通り、めちゃめちゃ速そうですね。

ジェット機初登場以来、

徳永克彦さんは、世界各国の軍用機の

空対空撮影を中心に取材活動を続けています。

他にもヨーロッパを中心とした

軍民航空機メーカー、各国空・海軍などの

公式撮影でも多くの実績を積み

航空機の搭乗時間は、

累計で2000時間を超えるそうです。

撮影した航空写真は

写真集として販売されていて

日本だけでなく世界中で刊行されています。

また、各国では写真展も開催されています。

戦闘機写真以外にも

スイスの時計メーカーBREITLING社の

カタログ、ポスターなどの撮影も

手がけているそうです。

徳永克彦のブログや写真集

徳永克彦さんが執筆しているブログが

「From Air」という名前で

2つ公開されていました!

以下、リンクを添付しておきます。

ブログURL↓

徳永克彦 – FROM AIR – Seesaa

From Air by Katsuhiko Tokunaga

ブログ:徳永克彦 – FROM AIR – Seesaa

徳永克彦さんの海外での生活や

航空撮影写真などが公開された

日記形式のブログです。

05.jpg

引用:徳永克彦 – FROM AIR – Seesaa

残念ながら、

日記は2005年7月から2006年2月までで

更新が途絶えていました。。。

ブログ:From Air by Katsuhiko Tokunaga

こちらも徳永克彦さんのブログですが

公開されている記事数は、

2011年3月19日わずか1つのみとなっていました。

2011年3月と言われて思い浮かぶのが

東日本大震災です。。。

記事は、中東バーレーンで

政治的混乱によって予定されていた撮影が

中止になったことと、

東日本大震災について書かれていました。

日本では未曾有の天災で多くの人々が尊い命を失っている中で、地球の反対側ではこのような政治的混乱で同じように命が失われていることを考えると、気分が暗くなってしまう。日本の被災者のことが心配なことはもちろんだが、政治に翻弄されるバーレーンの多くの友人のことも気掛かりである。

引用:From Air by Katsuhiko Tokunaga

現在はどちらのブログも更新されていない模様、、、

年間300日以上は撮影や事前交渉のため

世界各地を飛び回っている徳永克彦さん。

多忙なスケジュールのため

ブログの執筆が難しくなってしまったのでしょうか。

写真集:蒼空の視覚 Super Blue3

徳永克彦さんの最新の写真集が

2017年の2月に発売されていました!

「蒼空の視覚3」の画像検索結果

蒼空の視覚シリーズの中でも

今作は最大の320ページもあるそうです。

徳永克彦の使用するカメラ、機材は?

徳永克彦さんの使用するカメラバックの中身が

大手カメラメーカー「ニコン」のHPに

掲載されていました!

コックピット内は狭いこともありますが、干渉するものがたくさんあり、安全面を考慮してなるべく少ない機材で撮影するようにしています。地上での撮影なら被写体に応じてレンズを変えられますが、上空での撮影は安全性のために最少レンズで撮ることも考慮してプログラムを作っています。典型的な撮影では、カメラボディーはD4を1台とD800を1台。アクロバットチームが背面飛行を行うような環境では、ネガティブGがかかり、機材が浮き上がってしまうので1台しか持っていきません。レンズは、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが基本で、必要に応じてAF-S NIKKOR 85mm f/1.8GAi AF Fisheye-NIKKOR 16mm f/2.8Dを持ち込みます。

引用:Nikon/世界の写真家たち/徳永克彦

カメラ知識ゼロの私にとって

正直、機材名などはチンプンカンプンですw

ですが、

コックピット内は狭いため少ない機材で撮影する。

上空での撮影は安全性のために最少レンズで撮る。

ということは理解できました!

航空写真家、空対空撮影だからこそ

コツとなるポイントや

注意しなければならない安全性

があるのですね。

まとめ

今回は、戦闘機カメラマンである

徳永克彦さんについて調査致しました。

御年60歳で通常なら定年の年齢ですが

まだまだ航空写真家として、

ご活躍していただきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク